カラダもお肌もよろこぶ水素水のすごいパワー

サイトマップ

水素水の健康効果&おすすめ商品を徹底調査  » じぃじとばぁばの長生きの秘訣!水素水の病気に対する効果 » その他(脳梗塞・腎不全・血糖値)

その他(脳梗塞・腎不全・血糖値)

ここでは、水素水が脳梗塞や腎不全、血糖値への影響について紹介しています。

水素水による脳梗塞の予防効果

脳梗塞というと、命にかかわる病気というイメージがありますよね。また、命が助かったとしても、後遺症が残ってしまう病気というイメージもあります。

脳梗塞の危険がある人というと、血圧が高いとか動脈硬化を思い浮かべますが、そうなってしまうのは、コレステロールや脂質に原因があります

コレステロールも全部が悪いという訳ではありません。善玉と悪玉といった言い方をしますが、悪玉コレステロールは血管を硬く、もろくしてしまいます。

脂質は活性酸素と結びつくと過酸化脂質という有害なものに変化してコレステロールと一緒になり、血管の中に血栓をつくるなど、悪さをするわけですね。

イメージでいうと、カラダの中で余ってしまった脂質などが、血液をドロドロにして体内をまわるので、硬くて狭くなった場所でつまってしまうということ。

水素水を飲むことは、血流を良くすることでもあります。活性酸素を減らしてサラサラとした血液が滞りなく流れていれば、脳梗塞のリスクは必然的に減るのです。

高齢になれば、どうしても血管も硬くなってきます。柔軟性がなくなるのは仕方がないことですが、その中を流れる血液の状態を良くすることは食事や水素水を摂る事などで可能になります。

血行がよくなれば血管の状態も元気になりますから、まずは毎日続けることが、大きな予防策と考えられると思います。 

腎不全など重篤な状態にも

腎不全も命にもかかわる重大な病気。そもそも腎臓というのは、カラダの中で老廃物をろ過して排出する器官ですから、ここの働きが悪くなれば、カラダ中に毒素がまわってしまうことになります。それだけ重要な臓器で、休みなく血液をきれいにしています。

腎臓にくる血液がドロドロしていれば、それだけ腎臓の負担も大きくなります。たくさんお水を飲むと、腎臓に負担をかけるような気がしますが、健康な腎臓であればそんなことはなく、作り出す尿の量が増えますが、薄い尿なので、負担はあまりかからないのです。

水素水であれば、活性酸素をなくし、血液をサラサラにしてくれるので、腎臓の負担をおさえることができます

その他、血液のことで考えると、血糖値の問題があります。

血糖値が高くなると糖尿病の危険があります。実は糖尿病は自分でも気づいていない人も多く、気づいた時には症状が進んでいるケースも多いようです。

糖尿病になってしまうと、食事制限など日々の生活も制約が多くなってしまいます。特に高齢の方だとお食事の楽しみが制限されてしまうのは辛いことじゃないかと思います。

うちのじぃじも血糖値が高く、糖尿病の心配があったので、ついつい食べるもののことでうるさく言ってしまい、ケンカになることもありました。

血糖値を下げるおはインスリンの働きですが、そのインスリンを出すすい臓は、「沈黙の臓器」と言われるくらい、知らない間にダメージをうけてしまうところ。

活性酸素で痛めつけられると、インスリンの量が減って血糖値のコントロールができなくなってしまいます。

水素水の活性酸素を取り除く働きがあると、すい臓へのダメージが減り、糖代謝に良い影響があることが実証されています。

<<手軽にはじめるならどれ?おすすめ水素水をピックアップ>>

ページの先頭へ

家族ではじめる!健康効果いっぱい水素水ガイド