カラダもお肌もよろこぶ水素水のすごいパワー

サイトマップ

水素水の健康効果&おすすめ商品を徹底調査  » 【気軽にはじめられる】アルミパウチ入り水素水を比較

【気軽にはじめられる】アルミパウチ入り水素水を比較

手軽に始められるアルミパウチ入り水素水を比較して紹介しています。

手間いらずで便利なアルミパウチタイプ

ここでは、水素水選びで重要なポイントとなる「水素含有量」で、アルミパウチタイプの水素水をランキング。

誰もが手軽に始められる便利でリーズナブルなパウチタイプの水素水選びの参考にしてください!


クリスタル水素水

クリスタル水素水 水素含有量 充填時:1.59ppm/開封直後平均:1.23ppm
価格

キャンペーン価格9,240円(500ml×30本/税別)
15,000円(税別)
定期コースは12,000円(税別)

特徴 工場の中で水素ガスを充てんし、真空パックの状態にして出荷されている
充填時は飽和状態の1.6ppmという高い数値で、開封時の平均も1.2ppmと確実に髙い状態なのが◎
キャップの工夫で開封後も90%程度の濃度を保持
味もおいしく飲みやすい
公式サイト http://www.njh2.jp/lp/


スパシア

スパシア 水素含有量 0.7ppm~1.4ppm
価格 13,600円(550ml×40本)
特徴 紹介している中で一番内容量が多い
原水をナノ化して水素を抜けにくくする製法
化学的処理をしないため、ミネラル分は天然水のままの状態で残っている
公式サイト http://r-p-m.sakura.ne.jp/


仙寿の水

仙寿の水 水素含有量 充填時:1.2ppm~1.6ppm
価格 8,100円(税込/250ml×30本)
特徴 にんにく卵黄で有名な健康家族のもの
時間をかけて検査をするなどこだわりが随所にあらわれている。250mlと一回で飲みきるのに良いサイズ
公式サイト https://www.kenkoukazoku.co.jp/

アルミパウチ水素水がおすすめな理由

水素水は、水に通常よりも多く水素がとけこんでいるもののことですので、その生成方法はいろいろあり、販売されている形態もいろいろなタイプがあります。

ただ、重要なことは生成時には高かった濃度も、圧がかからなくなると、どんどん抜けてしまいますので、できるだけ抜けないうちに飲むことです。その点で優れているのがアルミパウチに入っている製品です。

水に限らず飲み物の容器として最もなじみのあるペットボトルと同程度(500mlくらい)の水素水がパックになっているので、場所も手間もかからず、すぐに始めることができます。

効果が期待できるとされる濃度を保ったまま流通しているので、手軽でありながら、効果はしっかり期待できるという利点があります。

また、スポーツの後だとか、仕事中だとか、外出している時に水素水を飲もうと思うと、自宅で作ったものを持って歩いても、水素が抜けてしまいますから、やはり携帯するにはアルミパウチはとても便利です。

アルミパウチ入り水素水の選び方

水素水選びにおいて、もっとも重要視したいのが水素含有量です。アルミパウチタイプであれば、充填時はもちろん、開封後の水素濃度には特に注目すべきでしょう。

いくら水素が抜けにくいパウチと言っても、長時間放置すれば濃度は自然と下がります。キャップやパウチの構造が工夫され、水素濃度が維持される商品を選ぶべきだといえるでしょう。

また、口にするものですから味もこだわりましょう。多くのアルミパウチ入り水素水は、天然水に水素をとかしたもの。市販されているミネラルウォーターにも味の違いがあるように、アルミパウチ水素水にも商品ごとに味の違いがあります。

パウチならではの選び方としては、容量・価格もチェックポイントのひとつ。少量タイプであった場合、2、3パック持ち歩かなければなりません。できるだけ容量が多く、価格に見合ったものを選ぶように心がけましょう。

ページの先頭へ

家族ではじめる!健康効果いっぱい水素水ガイド